農協配送者を騙った寸借詐欺に関する注意喚起について

今年度に入り、県内JAの農家組合員宅で、次のような被害が発生しておりますので、ご注意下さい。
 手口として、作業服を着て、きちんとした身なりで自分の名前(偽名)を語って「農協から配送を頼まれている○○という者ですが、今事故を起こしてしまい、あいにく手持ちがないのでお金を貸してもらえませんか。すぐにお返しします。」と言って、1万円~3万円のお金を借りていき、そのまま返さないというものです。
 被害に遭われた農家組合員の方では「農協の配送業者」という言葉と、借用額が少額のこともあり、それほど疑わずに貸したものの、いつまで経っても返しに来ないので、JA等に問い合わせされてはじめて騙されたことに気付かれるようです。
 万が一、こうした訪問があった場合は、まず、JAまたは配送元業者に問い合わせをお願いします。

平成19年11月,JAあぶらんど萩

ページ先頭へ