台湾からの観光客へ維新伝心米をPR

JAあぶらんど萩は19日、山口宇部空港で台湾からの観光客へ維新伝心米の試食宣伝活動を行いました。

 山口県が企画した台湾高雄空港と山口宇部空港を結ぶプログラムチャーター便の運行にあわせ、今秋計画されている維新伝心米の台湾輸出に先駆け、台湾からの観光客に試食やプレゼントを行いました。この日、山口宇部空港に到着した台湾観光客は103人。熱烈な歓迎の中、国際線ターミナルについた観光客に維新伝心米を振るまい、中には流暢な日本語で「美味しい。ありがとう。」と言いながら味わっている観光客もいました。

 

 


維新伝心米は昨年10月に発表した、萩の観光と農業が結びついたJAあぶらんど萩管内でも地域限定で生産され、味、粘り、香りに優れたコシヒカリ。台湾輸出はJAや関係機関が一体となって計画してきましたが、「この日の宣伝活動で台湾との距離も一段と近くなったように感じた」とJA関係者は話していました。

 

 

ページ先頭へ