歴史のまち萩を歩こう 第1回ウオーキング大会を開催!/JA健康寿命100歳プロジェクト

 JAあぶらんど萩は10月29日、JAグループ山口が実践する「JA健康寿命100歳プロジェクト」の一環として第1回JAあぶらんど萩ウオーキング大会を開催しました。

 募集人数200名を大きく上回る申し込みがあり、結果として約300名が参加。JAが最も身近なコミュニティの拠点と位置付ける椿地区の南萩支所、JAファーマーズマーケット「ふれあいらんど萩」をスタート・ゴールとし、萩城下町を堪能し名所を巡る8㌔コースと、萩市街地から橋本川沿いを楽しむ5㌔コースの2コースを歩きました。

 江戸時代に形作られた町並みが、時代を超えて現在に継承されている「萩」は今でも「古地図で歩けるまち」です。江戸時代に形成された町割りや街路、武家屋敷や町家など、歴史のまち「萩」を楽しめるよう参加者にはコースマップとともに古地図を配布しました。市内に住む参加者の方は「見慣れた景色で日頃は意識していないが、ゆっくり歩くことで歴史のまち萩を再発見できた」と話されました。



 歴史のまち「萩」を堪能しゴールした参加者の方には、完歩賞のオリジナルバッジのほか、お楽しみ抽選番号入りの萩市小川のりんごやファーマーズマーケット「ふれあいらんど萩」の弁当が配られました。

 

 

 

ページ先頭へ