柑橘
沿岸部を中心に栽培される柑橘
多彩な品種を栽培

 沿岸部を中心に栽培される柑橘。品種も多彩で伝統の技術により受け継がれてきました。
 特に萩の夏みかんは、明治9年、生活に苦しむ士族救済のため、萩で栽培を推奨し始まりました。
 その後、夏みかんは萩の名産となり全国に出荷され、最盛期の昭和40年代には萩市だけでも15000トンも生産されました。昭和50年代に入り嗜好の変化に伴い伊予柑等にかわり、生産量も減りました。

 


  産  地  
萩市椿,椿東,三見,大井,田万川地域,阿武町奈古
  販売地域  
県内、大阪

甘夏

  生産面積  
20.3ha
  出荷数量  
208,000kg
  収穫時期  
4月下旬~5月上旬

伊予柑

  生産面識  
7.6ha
  出荷数量  
75,000kg
  収穫時期  
3月下旬~4月上旬

八朔

  生産面識  
0.8ha
  出荷数量  
5,200kg
  収穫時期  
4月上旬~4月下旬
柑橘
柑橘
柑橘
ページ先頭へ