イチゴ
時間をかけて
実りました

 栽培されている品種は、「とよのか」と「さちのか」。時間をかけて実るため、大きく、甘く、美味しいと評判がよく、地産地消を中心に販売されています。一部、ミネラル塩を使った栽培方法のイチゴがあり、高い評価を得ています。


  産  地  
萩市椿、椿東、旭、須佐、田万川地域
  販売地域  
県内
  生産面積  
0.4ha
  出荷数量  
5,900kg
  収穫時期  
11月下旬~5月下旬
イチゴ
イチゴ

ページ先頭へ