特集あぶらんど萩産米

維新伝心米

農家の皆さんが1年をかけ作り上げる「あぶらんど萩のコシヒカリ」 JAのカントリーエレベーター(お米を籾の状態で貯蔵する施設)からご注文後に精米し、お届けします。 維新伝心米とは、平成18年4月のJA合併を契機に、JAあぶらんど萩の農産物と萩市の観光を同時に紹介し、お互いに協力した販売活動として、JAあぶらんど萩のブランド米を維新胎動の地「萩」を全面に出し、「維新伝心米」と名付け全国に向け販売を開始しました。現在では、台湾へも輸出しています。

こちらへ


龍馬が愛したお米

1853年の≪黒船来航≫により大きく揺らぎ始めた江戸幕府体制。  新しい「日本」をつくるためには、当時の2大勢力であった薩摩と長州が手を組むことが必要と考えた坂本龍馬は、自ら設立した商社「亀山社中」を仲介として、薩摩からは武器を、長州からは米を相手に輸出させて、両藩の協力関係を築いていくのでした。  坂本龍馬が日本の未来を託した長州のお米。その歴史から名づけられたのが、JAあぶらんど萩の新ブランド『龍馬が愛したお米』です。発売以来、週刊誌等でも紹介され、話題の商品となっています。

こちらへ


お問い合わせ先
あぶらんど萩農業協同組合 営農販売部販売課
TEL 0838-22-4231  FAX 0838-22-4041
ページ先頭へ