横幅不定の画像

近代国家の幕開け、影の立役者は長州・萩のお米から始まった!!

 

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」で甦る
「坂本龍馬は長崎県出身の福山雅治さんが演じました」

横幅不定の画像

商品には、JAあぶらんど萩管内の21年産コシヒカリを100%使用。 販売先は、右の図のようにスクエア(四角)で結ばれた薩長同盟に関連深い「鹿児島・長崎・高知・山口」をはじめ、福岡・大分・香川・名古屋・東京でも取り扱っています。  
山口県内においては、JAあぶらんど萩販売協力店をはじめ、道の駅、ホテル、土産物店などで販売しています。

 


 

今、何故、JAあぶらんど萩が坂本龍馬なのか?

 時は、慶応2年1月21日
 犬猿の仲であった「薩摩」と「長州」との間に近代国家の幕開けとなった「薩長同盟」が締結された。

 その影には「坂本龍馬」と「長州・萩のお米」が、新たな日本の夜明けに一役かっている。

 龍馬は、倒幕のためには薩摩藩と長州藩が同盟を結ぶ事が何よりの早道だと考え、当時敵対していた両藩が同盟を結ぶよう尽力しました。 龍馬は、幕府に対抗するため「武器が欲しい」長州藩と、当時兵糧米が不足し「米が欲しい」薩摩藩との互あいの思惑を満たし、薩長同盟を成立させ、近代国家への幕が開けたのです。

この時、薩摩から長州へ鉄砲7300挺、長州から薩摩へ送られた米が1000俵とも3000俵とも言われ、その仲立ち、運搬を担当したのが坂本龍馬が長崎で設立した貿易会社「亀山社中」でした。

お問い合わせ先
あぶらんど萩農業協同組合 営農販売部販売課
TEL 0838-22-4231  FAX 0838-22-4041







ページ先頭へ